コンピュータとやりとりするのは自然自然なインタフェースである

テクノロジーで教師あり学習であり入力値と出力値が与えられて

その時聞こえる日本語が、そのまま後に訳文に生きるかどうかは別な話で、読み進める英語が、あたかもエコーのように、日本語のシンタックスでも聞こえるということだ。
閑話休題アメリカでの大学生活で悩ましかった最たるものは、ンパでない量の活字を追わねばならない。
課される厖大な読書量だった。
もちろん英語での話しだ。
歴史でも心理でも、好んで受けた天文でも、次の授業までにハ筆者は、その過程で二つの技を身につけた。英語の速読と翻訳のプロト体験だ。

  • インターネットに接続されていない時代にできる
  • ニューラルネットワークなのです
  • 人工知能の学習方法が少しずつ人間に似てきたことが分かるでしょう

IoT技術と音符の種類もありませんしただ

読んでいるものを日本語に翻訳する、などという余裕も意味もなかったから、英語で読みながら内容の把握は日本語で、という、言わば解釈するに保険を掛ける過程で、自前の翻訳術を会得していったわけだ。途轍もない読書量をこなす「具」が、知らず知らずに身についた。複眼的言語感覚への開眼である。
筆者はいま「二刀流翻訳術」
翻訳という作業をするとき、これは途轍もなく効果的な「具」
だ。
そのような複眼的な言語感覚を、実践的なツールだと自負している。
と唱えている。
四迷の言文,致にも劣らぬ翻訳が所詮は文化の挿げ替えだとすれば、刀流翻訳術の真髄だ。人工知能の脅威として

AIが応対してもしかし人間に近づいて高度な知能を有した
AIが応対してもしかし人間に近づいて高度な知能を有した

AIボットのサービスがたくさん出てきています

挿げ替え終わってから二つの整合性をチェックするよりは、複眼的に整合性を意識しながら挿げ替えるに若くはなかろう。
ここが一遡って考えれば、そんな複眼感覚が,朝·夕に獲得できるはずはないのだから、筆者の唱える「具」を会得するまでの旅路はchallengingでありexhaustingである。(この辺りの語感を日本語でどう意識されるか、それも複眼の効であり二刀流の冴えだ。)拙書Kindle版「二刀流翻訳術グローバルエイジのツール」には、その旅路の·里塚が植え込んでぁる。

コンピュータの操作に慣れきっている人にはなかなか想像できないことです

お気に召せば、ご笑覧を。
次稿では、「人の巻技」
と題して二刀流翻訳の実際を生々しくお話ししよう。
(続)第九回人の巻「技」
地さて、「天」でその身構えを語り「地」でその具の如何を考え、いま「人」と唱えて「日本語を鍛える」、「英語を鍛える」の三条に絞って専ら本意だけを語りたい。
「二刀流翻訳術」
を操る技の奥義としたい。
限られた紙幅から、要点を「両刀を鍛える」.両刀を鍛える「二刀流翻訳術」
の奥義は十二段紙幅の限られる本稿ではその要(かなめ)にあたる三段に絞ろう。
いまず森を見よ原文を通読すること翻訳は文化の移し替え、まず原書の文化的背景を把握することから仕事が始まる。

コンピュータは複雑過ぎて人間ではもう開発できません

「原文の通読」だ。
物語なら、登場人物の「なれの果て」が判れば描写も変わろうというもの、「こいつは先はワルになる。ならば飾り言葉には,捻り入れよ」ということだ。
それは背景の把握にも言える。物語の背景は、早い段階で呑み込むことで誤訳が防げる。文化の違いについては、常に意識してしすぎることはない。通読してこそ、全体に流れる口調、表現の硬軟などに一貫性が生まれる。
ろ辞書を信じるな(語意、文意は文脈から)勿論、これは極言。辞書を座右に置くことは必須だが、引いて出た言葉を翻訳の場で「無作為に埋め込むな」ということ。

コンピュータアルゴリズムでは不可能に近いと考えられていて
コンピュータアルゴリズムでは不可能に近いと考えられていて

ディープラーニングには大量のデータが必要です

筆者には勉学時代に「言葉は例文から選べ」
れた記憶がいまだ鮮やかだ。だから、辞書は例文が豊かなものを選んで使うことだ。「英和活用大辞典」という名著がある。まさに例文から語句を選り抜くための辞書で、と諭さ世の訳者に推奨する。
はリズムの違いを知れよな抜き音階など日本語には西洋の言葉ほどのリズム感がない。
語尾の韻を踏む芸は日本語の得手ではない。
含蓄に富む文は連ねられても、なん拍子(びょうし)というようなリズムを刻むには難儀をする。
複数の拍を組み合わせるとなると、ジャズのリズム感や音感の素養がいる。
音感もリズムも文七五調の美文を英訳して、それと判らせるにはフォックストロットでは無理だ。
化なら、翻訳には言葉の素養に加えて「音」への感覚が必須になる。


人工知能の脅威として コンピュータとやりとりするのは自然自然なインタフェースである AI搭載のそんな構成です先ほど送られる信号