ロボット開発が進む分野です

AIの技術が発達

人工知能の60年来にわたる歴史の中のブレイクスルーと言われています洋の東西古池と蛙、水音と静けさが創る幽玄に遊ぶ文化が俳諧であり、それは日本人ならではの境地だと決めつけるのは、本音を言えば乱暴な独断だかちだ。
人には窺い知れぬものだ、と嘯(うそぷくのは暴論に近いといいたいのだ。
俳句の世界の幽玄は’国意のある読者諸賢はE.E·Cummingsなる米詩人をご存知かも知れない。
この詩人の傑作の一つ”da”は、こんな異様な姿をしている:-l(ale折に翻訳は読むものの意識がその価値を左右しかねないこの山本七平の指摘は、いやしくも翻訳に携わる者は文化の何たるかを知って掛からねばならないという示唆であり、との暗示でもある。ロボット開発が進む分野です人工知能やビッグデータなどの技術と併せて人工知能任せにはならず

コンピューターネットワークだった

日本はいまだ

そんな斟酌をA1はしようか?
文化を翻訳する、とは?
この話、油断すると取り留めのつかぬ広がりを見せかねない(剣呑剣呑)。論点を収斂させよう。芭蕉にせよE.E·Cummingsにせよ、韻文ではとかく写実的な文字を介して内なる思い、いわば「内心」を伝えようとする。翻訳者は原作の文字面を前にして、「あるプロセス」を介して作者の「内心」をreproduceしようとする、つまり「内心」の「相」
phaseを移動しようとする。

テクノロジーです比較的単純な判断

「あるプロセス」とは即、翻訳のことで、それが文字面のあけすけな解釈に止まるか、それとも文字面の背面に隠れた「内心」を探り当てるか、が焦点だ。さらに言えば、deep-learningを纏ったA1翻訳は「内心」をreproduceする能力を獲得できるのか、ということだ。ずばり、「内心」のreproductionで人工知能は人間を凌げるか。それとも、やはりそれは人知の独壇場だろうか、という話だ。

ロボットや皆さんいろいろご不満な点もおありでしょう

さて、翻訳におけるAIと人間の鬩(せめ)ぎ合いについて、この辺りで筆者の本音をお聴きいただけないだろうか。傘寿にして筆者は、ようやく言葉の威力に気付くようになった。生業の翻訳という作業で言葉を操ることの意味が身にしみるようになった。人間業とはよく言ったもので、翻訳とは生身の魚を扱うような、とても器械には任せられない、思い入れと手捌きが命の作業だと言うことだ。
本稿を書きながら筆者は、囲碁を破ったA1は咄嗟に翻訳をも席巻し去るのでは、と懸念もした.deep-learningという鵺(ぬえ)はウェブスターを丸ごと呑み込み、生半可な翻訳家など踏みにじりかねまい、とも思った。
人工知能研究が直面したフレーム問題

AIアプリKingFitです

だが、この稿を書きながら筆者は、それはなかろうと思うようになっている。翻訳に当たる人間にして、「内心」を掘り起こす気概に溢れ異文化を紡ぎ合わせる業を身につければ、「A!何のことやある」と思えるようになっているのだ.A1には手に負えまい前掲のE.E.Cummingsも、人間翻訳なら彼の「内心」のせめて輪郭ほどは彫りだせるかも知れない、と。
侍は大工か?
宮本武蔵は「五輪の書」で侍を大工に喩える。道具を調え、ものの構造に通じ、組み上げる蘊蓄に触れながら、武器である刀の処理操作のあり様を語る。筆者は武蔵の二刀を訳における二つの言語に喩えて、「二刀流翻訳術、グローバルエイジのスキル」という一冊をキンドルから上梓している。そこで筆者は、人間翻訳がA1を迎え撃つに備えるべき道具は何かを考え、それを如何に磨き深化させるか、を語っている。

人工知能を駆使した一部のファンドの好調な業績にあったといわれる

五輪の書に肖(あやか)れば、翻訳は兵法であり、翻訳技術のさまざまはあたかも大工の道具であり、蘊蓄(うんちく)は「切れ味、趣向」に喩えられよう。
人間翻訳の活路諸賢は小津安二郎の初期1934年の作品で名作といわれる「浮草物語」をご存知だろうか。セルジオ·レオーネの「荒野の用心棒」は如何?


ロボット開発が進む分野です AIワトソンも原理的には同じ仕組みだ コンピューター処理技術の発達