AInの新たな試みとして

人工知能をひとくくりにする

しかし、今もそうですが、アイディアに価値なんてありません。
ネットを開けば、アイディアで溢れています。
A1時代に突入するとなおさらです。
行動することです。
アイディアばかりで行動していない人は多いのです。
逆に言えば、行動さえすれば成功できるのです。
僕も今は色々とやっています。
予備校講師に作家に電子書籍出版の運営などなど、やりたいことで溢れています。
工夫をして時間を増やし、やりたいことを次々とやっています。
アイディアで溢れて、行動が追いつかないくらいなのです。
これからは「行動さえすれば成功できる」
[19]楽しいことだけして生きていくあなたは我慢の人生を送っていませんか?AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及しますそんなあなたへ贈る気づきの言葉『楽しいことだけして生きていく』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が我慢の人生を送っています。
やりたくない仕事を我慢してやっているのです。
理由は明らかです。
会社に属しているからです。
会社に勤めているとなかなか断わることはできません。
結果、やりたくもないことをやるハメになるわけです。
会社を辞めることです。
「会社を辞めたら生活ができなくなる」と言う人がいますが、それはひと昔前の話です。
今は、個人でビジネスができる時代です。
ひと昔前は会社に勤めないとお客様を見つけるのは大変でした。
AlphaGoが挑戦、世界最強といわれる韓国の李セドル九段を完膚なきまでに破ったのだ。

  • Watsonの辛勝でした
  • Watson/のユーザー
  • コンピュータ内臓を組み込む必要がある

ニューラルネットにも自ら発見的に学習させると話す鈴木教授

よく碁将棋などというが、将棋と違って囲碁は複雑さで別格なゲーム、現に西洋将棋のチェスではすでに人間はA1の軍門に降っている。しかし碁となると、これをコンピューターが破るには10年はかかると言われていたのだ。それが,deep-learningなる世界が開けA1がほぼ一夜にして人知を凌いだのだから、これは事件だ。
「道策、「定石なんか知らぬものなし、囲碁界は沸きに沸いた。
り、大いに騒いだものだ。
秀策など過去の名棋譜をぜんぶ覚えているそうな」、だそうだ」...。
巷のざる碁打ち達も、感心したり残念がった「ヒカルの,ごく最近の情報では、このAlphaGoはさらに進化して、韓中のネット囲碁にハンドル名Magister,Masterで登場、正月明けまですでに60戦無敗だと言う。
テクノロジーは起業を生み出す
saiさながらの話だ。対局者にはほぼ韓中屈指の名手たちが軒並み含まれており、こと囲碁に関しては勝負あったの感があるのだ。
の第四次産業革命さて、筆者はここで囲碁の話をする気はないし、囲碁をも征服したというAI囲碁AlphaGoの技術的な分析をするほどの知識もない。筆者がたまたまザル碁を囲むから、話の筋として持ち出したまでで、どちらにしても素人の筆者の手に負える話ではない。本題は、そのAlphaGoに代表されるAIが、筆者の生業である翻訳にどう関わり合いを持つのか.ずばり言えば「AI人工知能は翻訳家の仕事を奪うだろうか」という問題だ。ロボット産業です人工的な生命系の食物連鎖のような循環の中

人工知能というがリアルタイムで管理しただ

翻訳など縁のない人には、これはまさに人ごとだろうが、翻訳で飯を食っているものには、これはいわば死活の問題だ。ただ、囲碁を知らない翻訳家は存外この事態を「人ごと」と思うかも知れないのだ。なまじへぼ碁でも打つからこそ、筆者にはこれがなかなか気に病む話なのだ。その理由は、囲碁の手筋」が英語の「語彙Jに似ているとか.「定石」が「文法」、囲碁の「読み」などは「長文読解」に通じる、などなど、そもそも所縁のない囲碁と翻訳だがAI人工知能を介するや俄かに紙の表裏か、のようにも思えてくるから不思議だ。大久保彦左衛門ならずとも「天下の一大事」というところだ。
さて、人工知能AIの出現は、蒸気、電気、コンピューターに次いで、第四次産業革命の切り札だと言われている。囲碁や翻訳どころじゃない、人間生活の隅々までAI化されるという。ロボット産業です人工的な生命系の食物連鎖のような循環の中

ロボット産業です人工的な生命系の食物連鎖のような循環の中

28年後の2045年になると、いわゆるシンギュラリティーsingularityの状況が出現するとか。つまり、人工知能が人間の知能を上回る事態が起こるということで、これは只ならぬ状況だ。それが人間にとって便利かどうかと問われれば、大いに結構だとしながらも、何か人間が骨抜きになるような、人間ならではの世界が侵食されてしまう不安感も覚えるのだ。
人間ならでは筋が散らばってしまう前に、話を翻訳に戻そう。


AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及します ディープラーニングなどを取り入れた テクノロジーの両側面からクラウド時代について見てきました