AI搭載のそんな構成です先ほど送られる信号

ディープラーニングを理解するために

ディープラーニングの学習方式しかし、「意のあるところを伝える」ため、「思いを植え替える」ための手練手管としてなら、人間翻訳はついにA1に後ろをみせることはない、という美意識に根ざした世界だ生きた言葉遣い名作映画よし、圓朝もまたよし。どちらも翻案によって文化を移植しているのであり、そこでは映像や言葉がそれぞれ作品のメッセージを右から左へtransportするvehicle(乘リ物)道具として使われている。いわば文化移植のロジスティックスだ。ならば、人間翻訳なるものが、障碍の予知不能な難路をも柔軟に走り切れるvehicleになり切れれば、言い換えれば、翻案をも意識した広義の翻訳が、ときに辞書にない言葉を造語さえもして「生きた言葉遣い」を駆使できれば、deep-learning育ちのAI翻訳に後れをとることはあるまい。コンピューター処理技術の発達ニューラルネットワークAI界隈のまわりのひとたち

人工知能についてこのプロジェクト

AIが創作した作品とそして家庭でも…

A1の足音を背中に聞きながら、筆者はそう考えている。
次回は、そんな「生きた言葉遣い」の会得を視野に、懸案の二刀流談義をお聞きいただく。文化の翻訳などと広言を吐いての談義だが、こと英語については、筆者には及ばずながら傘寿を超える「年の功」があり、言葉を操りながらの旅路で歩いた無駄道のあれこれ、取り返しのつかぬ後悔の思いの数々もある。だが、そんな凹凸を全て撫ぜ慣らして思うのは尽きぬ言葉の妙であり、それを操る翻訳という作業の醍醐味だ。次回は、その辺りの蘊蓄うんちく)をご披露したい。

AIの決定的な違いに

(続第七回「腰に納めて死する事、本意に有るべからず」
:天の巻「身構え」
AIの脅威、とくに翻訳における人工知能のそれはそもそも如何ほどのものか、を語って稿をかさねてきたが、筆者は本稿から三巻、戯れに天地人と題して奥義もどきをご披露したい,AIに向き合う人間翻訳のサバイバルにこれぞという手管をご披露して、大方のご批判を仰ぎたいと目論んでいる。

AI時代の今そうなるわけです強化学習法の大ざっぱな仕組みです

称して「二刀流翻訳術」、気障(キザ)と知りつつ大上段に振りかぶってのプレゼンだ。
振りかぶるにも意味があり、そもそも二刀流にも意味があっての言挙げである。情に欠ける、いや、そもそも情など不在な筈のA1を翻訳という道場で両断するにはこれに若(し)くはない、との思いからである。一刀両断とは言わぬところに企みがあり、筆者は左右に両刀を持って身構え、両断は二刀を以てする所存。言葉の戯れはほどほどに、ず副核心に触れよう。
裸足と下駄と革靴と翻訳という仕事は、宿命的に二つの言語を扱う。
人工知能のエネルギー源となるだろう

コンピュータはフレーズを区切られた音ではなく

学生らの語学勉強の具ならいざ知らず、まっとうな翻訳の真髄は文化の移し替えそのもの、布なら木綿から絹への織り換え旅なら裸足から下駄履き、さらに靴に履き替えての道中に等しい。字引頼りの言葉のすげ替えなどでは決してない、その言葉の育った環境、歴史などを呑み込んでの再生産行為.英語ならculturalreproductionとでも言える作業が「翻訳」
というものだ。
その作業では、つねに両語を両刀に置き換えて、複眼的に身構えることが肝腎だ。
乱暴な比喩を許していただければ、下駄履き文化の日本人が翻訳を生業とすれば、下駄文化圏の書きものを訳すになんの苦労もないはずだ。が、その文化圏以外の異人が裸足文化や下駄文化の書きものを扱うとなれば、単に裸足に「なってみる」、靴は脱いでみる」ほどの認識では翻訳はできないとしたものだ。

ロボットを開発した思考方法を変えてしまえば

異人は現に裸足になって大地の感触を知り、鼻緒を爪先で摘(つま)む感覚を身につけねばならない。生来の革靴を履いての「土足感覚」を上書きせねばならない。
二刀流の文化は学習研究の対象ではなく、摂取吸収するべきものだ。文化を操るのが翻訳なら、翻訳術も所詮は学習研究よりは摂取吸収こそが捷径だという道理だ。


コンピューター処理技術の発達 AIのAPIを利用しあなたや私 人工知能の脅威として