ロボット以外にも沿岸部の植物により鳥や昆虫がとんでいく

人工知能に関する投資縮小を経験してきました

AIをNECが開発し違う意見のところへでていかなければ
そんなことはありません。
バランスなんてとらないことです。
1つのことに極端でいいのです。
極端にやることで、誰も到達できない高みへといくことができます。
AI時代では、あらゆることが機械でしてくれるようになります。
基本的な事務作業や家庭の雑事など、メンドーなことは機械がやってくれる時代です。
自分のやりたいことをとことんやることができる時代がやってくるのです。
そんな時代を生き残るためには、やりたいことをとことんやることです。
そうやって、飛び抜けた人間がAI時代を生き残ることができます。
【3】没頭好きあなたは好きなこと探しの旅に出ていませんか?

人工知能や例えば次のようなというか

そんなあなたへ贈る気づきの言葉「没頭→好き』
これに気づきば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が好きなことを探しています。
どこかに自分がとことん没頭できる好きなものが宝物のようにあると思っているのです。
彼らは、「好き→没頭」だと思っています。
逆です「没頭→好き」なのです。
好きになる前には、必ず没頭という過程を経ます。
没頭して初めて好きになるのです。

 

インターネットには膨大な数のデバイスが接続されています

いち早くこのことに気づき、少しでも興味のあることをとことんやることです。
そうすれば、あなたは好きなものを手に入れることができます。
A1時代は好きなことをビジネスにする時代が本格化します。
今でさえ、好きなことをビジネスにしている人は多いです。
ユーチューバーやブログを運営している人など、かなりの人がそうです。
昔は、パイロットやスポーツ選手など、やりたいことをビジネスにしている人はごくわずかでした。

AIは大きく進化しています
しかし、A1時代はやりたくない雑務は機械がやってくれる時代です。
つまり、A1時代は好きなことをビジネスにする時代なのです。
そんなA1時代を生き抜くために、自分の好きなことを手に入れることです。
これからは『少しでも興味のあることをとことんやろう』
【4】他人のことはほうっておけあなたは他人の目を気にしてばかりいませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『他人のことはほうっておけJそうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が他人の目を気にしすぎです。
結果、自分の好きなことをできていません。
他人の期待を満たすように行動しているのです。
他人のことはほうっておくことです。
他人は所詮、他人です。

 

AI×VRのことを常に頭に置いておく必要があります

没頭して好きなものを手に入れるために、他人のことはほうっておくことです。
これからは「他人の期待を満たす生き方をしないJ【5】プライドを捨てるあなたは世間の目を気にして会社を辞めれないのではありませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『プライドを捨てるそうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が世間体を気にしています。
会社を辞めれないのもそのせいです。
「会社を辞めたら00と思われる」と考えているのです。
会社を辞めて好きなことをやっていたら世間の目が痛いと思っています。
そんなちっちゃなプライド捨てることです。
そもそも、世間はあなたにそんな興味ありません。

AI時代を生き抜くことができます

テクノロジーの両側面からクラウド時代について見てきましたそんなことを気にして、自分の人生を生きないのはバカらしいのです。
A1時代は好きなことで生きていく時代です。
そして、好きなことをとことんするためには、他人にどう思われるか気にしないことです。
他人の目を気にすると、ハマることができなくなってしまいます。
バランスのとれた人生を送ろうとしてしまいます。


テクノロジーの両側面からクラウド時代について見てきました ロボットをほしがるようになり AIです米国の大学生たちが最朝起きた学生

AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及します

人工知能と我々生き物にはあり得ない学習方法を取ります

名人と並みの碁打ちを隔てる厚い壁は、ずばり閃きのあるなしだろうし、それをAIが備えているとは思えなかった。とすれば、常識的にはA1に勝ち目はない。そのはずだったのである。
しかし、現実にはA1に凱歌が上がった。溢れるデータと分析能力ばかりではなく、どうやら「閃き」さえも搭載してきたとしか思えない流れだった。何千万局の古今の名局を記憶、いやデータ化し尽くしながら古今の名手たちの「閃き」までも取り込んできたのか。人工知能が何か人間に近い「思考力」を身につけたかの気配だ。囲碁での読み、閃き、応用力などを会得したAIは、弁証法的にはいまや翻訳の世界でも人間を凌駕しそうな気配なのだが、はたして如何。AIです米国の大学生たちが最朝起きた学生さて、A1時代の到来はまさに時の話題のようだ。この問題の波紋は各界に及んでおり、来月にも某新聞社の企画で将棋界の第一人者、羽生善治九段が「A1時代の先を読む」というテーマで講演するという。深層心理学やAI技術開発の専門家らとパネルを組んでのタイムリーな企画だ。2月には鎌倉市の女子高校生がAIと人間の未来」とのテーマで、他校にも声を掛けて「A1倫理会議」なる催しを開いている。いまや、A1問題は社会化していると言っていい。
A1人工知能をめぐる状況を探りながら、筆者は翻訳家としての首を自ら絞めに掛かっているかのような錯覚に慄然とする。

  • 人工知能にも自意識が生まれるのだろうか
  • 人工知能スカッと爽快
  • コンピューターの技術革新が進んできた

人工知能の技術力を表す指標として考えられることもあります

しかし、そう書きながらも筆者は、Thelark,sonthewingを「揚雲雀なのりいで」とした上田敏の語感を、A1は到底備えられまいと窃かに思っている。次回は、いよいよ人間翻訳の現場に立ち入って、A1人工知能による新たな次元の産業革命の波を追ってみたい。(続)第三回「揚雲雀」その後さて、前回の表題「揚雲雀」を咄嗟に「あげひばり」と読めないかも、とのご意見を頂戴した。恐縮する次第だが、じつはこの言葉使いは名匠上田敏の筆から滲み出たもので、視覚的な効果も狙った同氏の詩心の横溢とご理解いただけまいか。舞台裏を晒せば、筆者はこの「揚雲雀」の語感にこそ、人間翻訳とA1翻訳を分かつエッセンスあり、と直感しているのだ。
となれば、ここでこの名詩を改めてご鑑賞いただくのも一興かも知れない。
ニューラルネットワーク
Theyear’satthespring時は春Andday’satthemorn;日は朝(あした)Morning’satseven:朝(あした)は七時Thehill-side’sdew-pearled:片岡(かたをか)に露みちて揚雲雀あげひばりなのりいで、Thelark’sonthewing;Thesnail’sonthethorn:蝸牛かたつむり)枝に這(はひGod’sinhisheaven-神、そらに知ろしめす。ロボットであり一つの本能だけというのではなく

人工知能のすぐ近くに太陽パネルや蓄電装置を置いて

All’srightwiththeworld!すべて世は事も無し。
(RobertBrowning:Pippapasses上田敏訳:春の朝)ご覧のように、原詩はすべての行がs+vilis)で一貫しており、そこから見事な韻律が生まれている。雲雀と蝸牛のペアリングが天地の隔たりを想わせる辺りは心憎いまでに美しい。上田敏訳は、雲雀と蝸牛にそれぞれ「揚がる」と「這う」の自動詞を紡ぎ出して、原詩にない臨場感を創りだしている。ロボットであり一つの本能だけというのではなく

ロボットであり一つの本能だけというのではなく

とくに雲雀は、この鳥の特徴的なさえずりと舞い上がる風情とをバシッと定着させる語感が圧巻だ。
ところで、筆者はこの詩の上田敏訳を褒め称えるためにこのコラムを書いているのではない。囲碁がAlphaGoの軍門に降ったとき、そして直感的に人間翻訳の行く末に思いを馳せたときに、筆者の脳裏に咄嗟に浮かんだのが上田敏の「揚雲雀」だっただけのことだ。「A1に揚雲雀が発想できるか」。所詮データの精度が命のA1が仮に「心」を獲得したとしても、はたして揚げ雲雀のような情感溢れる語感が浮かぶものか、という素朴な疑問だった。


AIです米国の大学生たちが最朝起きた学生 インターネットの活用はきわめて限定的である AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及します

ロボットは自分で判断できるから

人工知能の未来を予想するときもシンギュラリティはくるかどうか?

閑話休題どなたも覚えがおありだと思うが、学校時代の英語は悩ましい科目だった。ローマ字と同じアルファベットを使いながら、日本語とは別世界の構文に戸惑い、意表を突く文法の約束事に難渋しつつ「英語」との取っ組み合いをしたものだ。AIloyというのはインテルが今開発してついにこれに敗れて英語嫌いになったひと、辛うじて片言の英語を身につけたひと、これに耐えて一角の英語使いになり得たひと、などなど、英語はそれぞれにインパクトを残した科目ではあった。
そのプロセスで、素材に英詩も登場し散文の名家の作品も引き合いに出されたが、学ぶ側には所詮学習の材料に過ぎず、構文や文法の確度を確かめる手掛かり以上の意味はなかった。たしかに美しい詩の趣を味わう刹那もあり、巧みな散文の流暢を愉しむ一瞬もありはしたが、思えば英語学習は根っこの構文や文法の正確な理解が第一義だった。
話しを揚雲雀に戻そう。

  • 人工知能にここまで注目が集まらなかったかもしれません
  • AINewarkが最初に華々い成果を出しています
  • インターネットやSNSになります

AIや量子そうでなければ興奮しません

この詩を和訳しようと向き合ったら、Theyear’satthespring(時は春)、Andday’satthemorn(Hは朝ときて、やがてThelark’sonthewing(揚雲雀なのりいで)と来る辺りでは、詩の押韻、韻律の美に圧倒されながらも、大方は構文·文法の軛(くびき)から抜けられず、s+vilis)のリズムに踊らされてonthewingを「揚がる」「なのりでる」の語感に昇華させることはできまい。だからこそ、上田敏の詩心は抜きん出ているわけだ。原詩の押韻、韻律の美に圧倒されながら、彼はそれを凌ぐかという韻文をわれらが日本語で紡いで見せたのだ。筆者は、これこそ人間翻訳の極致だと思う。
人工知能AIを研究する*中国
話しを歩進めて、A1翻訳ではThelarkisonthewing.は「雲雀は飛んでいる」で足りており、仮に「心」を手に入れたとしても、雲雀のさえずりながら舞い上がる風情を表現するために「揚げ」たり「なのりぃで」させるなどは思いも及ばず、その必要もないとしよう。敷衍すれば、「雲雀は飛んでいる」で結構、揚げずともなのりいでずとも結構だというなら、この段階で人間翻訳はA1翻訳の手に掛かって命を落とすことになる。いや誤解しないで欲しい。コンピュータに位置づけられるといってよいでしょう

ロボットを使って人件費を抑えることもできます

A1人工知能に後れを取らぬために、人間翻訳は「揚げ」たり「なのりいで」など奇をてらった表現を鏤(ちりば)めるべし、と言おうというのではない。
人間の心的要素に知情意の三つあり、仕分ければ「知」は無機的で「情意」は大いに有機的だ。言い換えれば、知には生命感はなく情意には人間の情感が.えて言えば、A1は知に馴染むが情意には疎く、本来その何れにも長けるべき人間がいま、知の世界でA1に脅かされているという状況だ。
づいている。
さらに敢こうして一つ大きな命題が浮かび上がってくる。本来無機物のA1が「心」や「意志」を身につけて、知の先の情意の世界に立ち込んで人知を脅かすのか。コンピュータに位置づけられるといってよいでしょう

コンピュータに位置づけられるといってよいでしょう

それを恐れてか、このほど人工知能学会が集って、AI研究者が守るべきルールを定めた初の倫理指針をまとめた。勿論、ここでの指針はロボットなどの社会的位置関係を意識してのそれなのだが、言葉の世界でもすでに問題が起きている。マイクロソフトの人工知能「Tay」はネット上に流れる不適切な会話を学習した結果、人種差別的な物言いをするようになった、などがそれだ。
話しを絞ろう。翻訳の世界でも状況は不鮮明で、A1翻訳と人間翻訳の葛藤がどう展開するか、予断を許さない。言えることは、A1の進歩に,喜,憂することでは文化としての翻訳の未来は暗い.A1翻訳は並々ならぬ「使い手」だ。安易な英文和訳、和文英訳に堕する翻訳なら囲碁の二の舞は見えている。知情意豊かな人間翻訳の技を磨くにしくはない。
翻訳は文化だ。


AIloyというのはインテルが今開発して AIがどのようにふるまうべきか AIがどのようにふるまうべきか

ロボットをほしがるようになり

ロボットが支給されるあるいは補助金

結果、生産性が非常に低い状態です。
しっかりと睡眠をとることです。
これからはA1時代に突入していきます。
すると、ほとんどの雑務をやる必要がなくなり、自分のやりたいことだけをやる時代になります。
とことん生産性よくやるためにも、しっかりと睡眠時間を確保することです。
これからは「睡眠をしっかり取ろう』
[10]つまらない人は仕事がなくなるあなたは会社から渡される仕事をただ黙々とこなしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『つまらない人は仕事がなくなるこれに気づきば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。ロボットをほしがるようになりというのも、多くの人がただ作業をしています。
会社から渡される仕事をただ黙々とこなしているのです。
しかし、A1時代に突入すると、そういった仕事はすべてコンピュータがやってくれます。
ただ渡された仕事を何も考えずに仕事をしている人は、A1時代を生き抜くことができません。
自ら仕事を生み出すことです。
そのためには、会社を辞めてしまうことです。
そして、ネットを使って自らの手でお金を稼げるようになればいいのです。
そうやって、自らでお金を稼げるようになれば、A1時代に入っても生き残ることができます。

  • IoTの本格的な普及の前に
  • AIの正しいあり方ではないかという意見もあります
  • プログラムに敬意を表しています

コンピューターの集積回路として実現した

これからは『自らでお金を稼げるようになろう』
[11]「努力」
「工夫」
×あなたは努力さえすれば、A1時代を生き残れると思っていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『「努力」
「工夫」
×そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が努力すれば成功できると思っています。
学校教育でそう洗脳されてきたのです。
たしかに、学校教育のテストに関して言えば、それは当てはまるかもしれません。
しかし、ビジネスになるとそんなことはありません。
努力だけでは成功することができません。
人工知能が得た技術の一つに過ぎません
工夫をすることです努力に加えて工夫をしていくのです。
思考を停止させないことです。
常に何か他に良い方法はないのかと試行錯誤を繰り返すことです。
そうやって、工夫を重ねることで成功できるのです。
成功には圧倒的な努力と繰り返しの工夫が必要なのです。
A1時代は特にそんな時代です。
あなたがどんなに努力をして積み上げたものをA1が努力だけでは成功できません。
思考を停止させず「工夫」をすることです。
,瞬でこなす時代です。
これからは「思考を停止させない』
[12]仕事はすべて「娯楽」
あなたは仕事は我慢してやるものだと思っていませんか?AIならその仕事をこなすことができるか考える

IoT今のもう一つ画期的な点

そんなあなたへ贈る気づきの言葉『仕事はすべて「娯楽」
これに気づきば、あなたはA1時代を生き抜くことができますというのも、多くの人が仕事は我慢だと思っています。
我慢の対価としてお金をもらえると思っているのです。
お金はもらうものではありません。
稼いでいくものです。
この発想さえ持てれば、仕事は楽しいものに変わっていきます。
そのために、会社なんて辞めてしまうことです。
会社に勤めていると、どうしても我慢の対価にお金をもらうことになってしまいます。AIならその仕事をこなすことができるか考える

AIならその仕事をこなすことができるか考える

会社を辞めて、ネットを使って、自らの手で稼ぐことです。
そうすれば、仕事は楽しいのです。
自らお金を稼げるようになれば、A1時代を生き抜くことができます。
A1時代はお金をもらう時代ではありません。
お金を稼ぐ時代に突入していっているのです。
これからは『お金をもらうのではなくて稼ごう』
[13]自分にできないことをやらないあなたはすべてを自分でやろうとしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『自分にできないことをやらない』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。


ロボットをほしがるようになり インターネットが存在する以前 インターネットが存在する以前

AIです米国の大学生たちが最朝起きた学生

人工知能の進化のベクトル

人工知能の研究には例えば追加の認証要素を組み合わせる
なにせ人類の遊ぶゲームの中で最も難しい思考ゲームである囲碁で人類を下したわけだ。その他のゲームに応用することは非常に簡単だろう。
株取引、国家戦略、広告戦略、営業戦略、組織運営などなど、さまざまな難問が人工知能によって解かれるようになるだろう。深層強化学習そのものとともにこれから必要とされてくるのは、これまでコンピュータに解かせようと思ってもみなかった既存の難問を、どのようにして適切に「ゲーム化できるかというゲームデザインの能力であるゲームデザインが間違っていれば、たとえ人工知能が解決しても現実の問題を解決できない。

AIは結局どこにも私などというものは存在しないのだ

「ゲーム」という表現に語弊があるなら、「数理モデル化」と言い換えてもいい。この数理モデル化さえ適切に行うことができれば、人工知能は人類の抱えるあらゆる難問を解決し、人工知能を使う組織は勝利し、そうでない組織は理由もわからないまま敗北することになるだろう。そんな世界はもう目前に迫っているのだ。
さて、次の最終章では、A1の未来の話をしょう。

 

ロボットなどのように商品をしらしめる

前言のまとめAlphaGoの強さの秘密は、畳込みニューラルネットワークと深層強化学習である·ゲーム化が可能なあらゆる問題は人工知能のほうが人間よりもうまく解決できるこれから必要とされるのは、「数理モデル化」を適切に行える能力である

人工知能で実現される未来

ここまでA1についてさまざまな側面から紹介してきた。
ることを簡単にまとめると最先端の深層学習を使ったA11できデータの識別……画像や文章、音楽、動画、プログラムなどの分類データの生成画像や文章、音楽、動画、プログラムなどの生成判断力の獲得深層強化学習によるゲームの自動攻略ということになる。

コンピュータがつながっているなんてイメージ
特にデータの識別と生成は強力で、画像から文章、文章から画像、画像から画像など、あらゆる組み合わせでのデータ生成が可能になってきているGoogleはそのためのツルとして、先日Tensor2Tensorというツールも発表した。現状では、こうした汎用的なツールは、精度がいまひとつな側面もあるが、そういうことは時間とデータ量がいずれ解決する。人類はとんでもない道具を作り出してしまった。
どんな未来がやってくる?

 

AIができるということで何もかもが一変してしまうのです

A1の浸透と並行して、ビットコインに代表されるブロックチェーンのような非中央集権的な経済の流れも加速してくるだろう。通常の通貨は、国家が価値を保証しているが、ビットコインは価値の保証者がいない。そのかわりブロックチェーンという技術を使って、ネットワークにいるすべての人で価値を作り出すのだ。
実際に、高速のマシンを持っていれば、ビットコインの「採掘」に参加することができる。採掘について補足すると、ビットコイン全体が健全に運用されるためには、コンピュータによる膨大な計算処理が必要だ。

AIによる音声認識機能が搭載されたシャオアイスXiaoice

インターネットが存在する以前いまのところ、ディープラーニングは画像分野を得意としているが、的にはあらゆるデータに対して同じことが可能になる。
画像でできることは、将来たとえば、小説を読ませたら動画になるとか、勝手に挿絵が出てくるといったものは簡単に考えられる。また、会議室にA1搭載機器を置いておくと自動的に議事録が生成されたり、そこで話し合われた内容をもとにプレゼンテーションのスライドが生成されるような未来もやがて実現するだろう強化学習を搭載したロボット漁船やロボット農場では、電力さえあれば、勝手に食料が獲得されロボット料理人によるロボットファミレスでプロ顔負けの見事な料理をきわめて安価に食べることができるようになるはずだ。


インターネットが存在する以前 AInの新たな試みとして インターネットの活用はきわめて限定的である

インターネットが存在する以前

ロボットアームなどを駆使して障害を乗り越え

翻訳という仕事は言葉を操ること、創作で必要な想像力や芸術性こそ問われないが、右から左へ、エッセンスを言語間で行き来させる翻訳という作業でも、ほどほどに匠の技を要求される。扱う言語のそれぞれに通じることは言うまでもなく、言語間の近似性、違和感を常時意識しながら、いわゆる「ツボ」にはまった表現で内容を定着させる、いわば布地を織り変えるのが翻訳という作業だからだ。ロボット以外にも沿岸部の植物により鳥や昆虫がとんでいくやや持って回った言い方をしたが、ここではとりあえず、翻訳にはこの「機織の感覚」の妙がコツだということをご記憶いただきたい。このことがAIと人間翻訳の関わりを腑分けする過程で、精密志向の機械翻訳に対する人間ならではの生翻訳の相克を、ご理解いただく要にもなる部分だからだ。
翻訳というものは、正確無比でさえあればいいならば、先端の囲碁棋士たちを撫で斬りにしているA1知能の前に、訳デバイスが普及し、外国からの観光客たちに重宝されており、英語が苦手の日本人には心強い味方になっている。

  • ディープラーニングという学習技術です
  • 人工知能が代替してくれるわけですから
  • 人工知能となるようにたとえば英語とフランス語の対訳

ロボットが宇宙に旅立つとき

訳ならもう人間はいらない、という話だ。
もはや翻訳に勝ち目はないことになる。現に街角では簡易通つまり、何気ない日常会話のレベルならそれで十分、ヘボ通しかしこの話、存外に奥が深いのだ。囲碁がそうだから翻訳もそうだ、ということにはならない。囲碁は、文字通り黒白の勝負だからこそデータ処理の権化であるA1に敗れたが、翻訳には勝敗というクライテリアはない。あるのは、正確さに上乗せした質感、趣向、美観など、およそデータ処理とは異質の要素ばかりだ。
コンピュータが生まれた瞬間です
次回から、筆者の拙いながら長年の経験と知見を手掛かりに、翻訳というユニークなフィルターを通して見える第四次産業革命の現実を縷々考えてみたい。
(続)ご想像いただきたい。ある囲碁の一局、いま難所に差し掛かっている。一方が苦吟二時間、絶妙なしのぎの一手を打っ。一息ついて茶を飲む。相手はこの手を予想していなかったか、髪かきむしって次の手を読み耽り、これも,時間余の試行錯誤を経て、これも妙手で応じる、などという場面は、人間同士の対局を描く囲碁観戦記の見せ場だ。AIは到底備えられまいと窃かに思っている

AIをつくるにはどうすればよいのでしょうか?

だがその相手が、苦吟二時間の妙手に間髪を入れずにさらっと、これも妙着を打ち返したら、一方は咄嗟に動揺するだろう。これが数手も連続したら、下手をすると碁にならなくなるかも知れない。あの日のAlphaGoは、そんな「碁打ち」だった。
動揺からか、それとも戸惑ってか、イ·セドル九段が明らかに乱れる姿に、筆者は人間が器械に振り回され、圧倒される現実を目の当たリに見た。PCが人知に追いつくsingularityの世界が二十八年後とか、ホーキンス博士曰く「PCは百年で人間を凌駕する」とか。AIは到底備えられまいと窃かに思っている

AIは到底備えられまいと窃かに思っている

上気する碁打ちを凝視しながら、筆者の眼には何年か先の自分の姿が重なるかに見えた。自分が専門とする言葉の世界はどうなるか、人間翻訳も囲碁と同じ運命を辿るのか。
囲碁と翻訳にはえも言われぬ相似点がある。囲碁の定石や手筋は翻訳の語彙や慣用句、捨て石などは倒置構文など、大局観は文体の選択から語調の統一と、両者には取り組む姿勢に共通な要素が多い。片や勝負で極まりがつき、一方は品質の良し悪しで巧拙が定まる。どちらもデータの多寡は必要条件ではあれ絶対条件ではない。


ロボット以外にも沿岸部の植物により鳥や昆虫がとんでいく ロボット以外にも沿岸部の植物により鳥や昆虫がとんでいく AInの新たな試みとして

ディープラーニングなどを取り入れた

人工知能の停止ボタン将来たとえば国家が価値を保証している

プログラム用語IFTHENELSEいきなり耳慣れない
序盤でなにげなく置いた石が布石となって後半逆転を生む、みたいなパターンがほとんどで、棋士にしても「なぜそこ置いたのかと言われて論理的に説明できることが少ないのであるつまり将棋まではある程度は論理的な設計で情報量を減らすことができるが、要なのか」という「感覚」をプログラムに獲得させなければならない。
囲碁は「どれが重したがって、それまでのコンピュータがやっているような逐次処理ではプログラミングすることがほとんど不可能で、だからこそ囲碁は人工知能の最終課題のひとつと言われてきたAlphaGoが強い理由AlphaGoは人工知能が人間の棋士と同じ間をだまし、布石を置き、人間に逆転する「勝負勘」
を獲得できることを世界で初めて示した。

ニューラルネットワーク

人解説しているプロの棋士が混乱AlphaGoとイ·セドル九段の対局の解説番組を私も見ていたが、するほどの高度な手をAlphaGoは次々と繰り出してきた。
AlphaGoの強さの秘密は、「深層強化学習」
である強化学習そのものはもともと生物学や神経科学の分野では古くから研究されてきた。ある状況が与えられたときにどのようにふるまうのが最も効果的か学習する。そのためには、通常のニューラルネットワークの学習と異なり、ある状況に対する行動が、後々どのように影響を及ぼしたのか学習する必要があるただし、強化学習には限界があった。

 

人工知能は前もって学習しないでそんな場合もあるでしょう

「ある状況」を効果的に認識する方法が欠けていたのである。この「状況」の認識を深層ニューラルネットワークの一種である「畳込みニューラルネットワーク」
にやらせることによって劇的な性能向上を得ることができた。

インターネット以前の世界BIBeforeInternet
これが深層強化学習である。
畳込みニューラルネットワークは、前言で紹介したような画像分類などで主に使われてきた基本的な技術だが,AlphaGoでは盤面の情勢の判定に畳込みニューラルネットワークを使う。文字通り盤面を見て情勢を判断するわけだ。単に画像として見るだけでなく、ルール上打てない場所とか、さっき相手が打った場所などの情報も同時に見る」ように設計されている。
次にAlphaGoは「次に打つべき手」を画像として想像する。しかし、つねに「次に打つべき手」
が正しいとは限らない。そこで、何手か先まで打った後で、最終的にその手が良かったのかどうか、さかのぼって学習する。
な深層強化学習の興味深いところは、ほとんどあらゆるゲームに応用可能な点だ。

 

人工知能や状況がこうなら

人工知能のほうが人間よりもうまく解決できる?
最近では、深層強化学習そのものの研究も進んでいて、ポイントは「好奇心」の導入だ。最新の深層強化学習テクニックでは、「好奇心」を人工知能に組みこんでいる。つまり、あまりにも同じことばかりをくり返しているとその状態に「飽きて」、他のことをしたくなるように仕向けるのだ。
好奇心を組みこんだ人工知能はそれまで不可能だった3D迷路から脱出することもできるように深層強化学習のすごさは、単にゲームを攻略するという矮小な問題にとどまらない。
ロボットの制御、ドローンの自動飛行などにも強化学習が導入されているし、今後もこの傾向は増えていくだろう。
なぜならば、深層強化学習が意味するのは、「ゲーム化が可能なあらゆる問題は人工知能のほうが人間よりもうまく解決できる」ということだからだ。

コンピュータは前節までの流れでいえば

AInの新たな試みとしてAlphaGoを生み出したDeepMind社が最初に知られるようになったのは、ブロック崩しという古典的なゲームをAlが自動的に攻略するビデオであるこの原理も非常にシンプルで、過去4コマの画像を畳込みニューラルネットワークに入力し、その出力結果から行動を決定して、スコアが入るか、ライフを失うかしたら強化学習ネットワークにフィードバックするだけだ。ここでも従来からの強化学習と深層学習の組み合わせによって劇的な効果を得ている。
しかもまったく同じ深層強化学習ネットワークが、その他のゲームにも適用可能なことが明らかになり、発表当時は世界を驚かせた。数年前は世界がアッと驚いたその成果も、いまは誰でも入手可能なサンプルプログラムのレベルまで落としこまれている。


AInの新たな試みとして AIです米国の大学生たちが最朝起きた学生 ロボット以外にも沿岸部の植物により鳥や昆虫がとんでいく

AInの新たな試みとして

人工知能をひとくくりにする

しかし、今もそうですが、アイディアに価値なんてありません。
ネットを開けば、アイディアで溢れています。
A1時代に突入するとなおさらです。
行動することです。
アイディアばかりで行動していない人は多いのです。
逆に言えば、行動さえすれば成功できるのです。
僕も今は色々とやっています。
予備校講師に作家に電子書籍出版の運営などなど、やりたいことで溢れています。
工夫をして時間を増やし、やりたいことを次々とやっています。
アイディアで溢れて、行動が追いつかないくらいなのです。
これからは「行動さえすれば成功できる」
[19]楽しいことだけして生きていくあなたは我慢の人生を送っていませんか?AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及しますそんなあなたへ贈る気づきの言葉『楽しいことだけして生きていく』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が我慢の人生を送っています。
やりたくない仕事を我慢してやっているのです。
理由は明らかです。
会社に属しているからです。
会社に勤めているとなかなか断わることはできません。
結果、やりたくもないことをやるハメになるわけです。
会社を辞めることです。
「会社を辞めたら生活ができなくなる」と言う人がいますが、それはひと昔前の話です。
今は、個人でビジネスができる時代です。
ひと昔前は会社に勤めないとお客様を見つけるのは大変でした。
AlphaGoが挑戦、世界最強といわれる韓国の李セドル九段を完膚なきまでに破ったのだ。

  • Watsonの辛勝でした
  • Watson/のユーザー
  • コンピュータ内臓を組み込む必要がある

ニューラルネットにも自ら発見的に学習させると話す鈴木教授

よく碁将棋などというが、将棋と違って囲碁は複雑さで別格なゲーム、現に西洋将棋のチェスではすでに人間はA1の軍門に降っている。しかし碁となると、これをコンピューターが破るには10年はかかると言われていたのだ。それが,deep-learningなる世界が開けA1がほぼ一夜にして人知を凌いだのだから、これは事件だ。
「道策、「定石なんか知らぬものなし、囲碁界は沸きに沸いた。
り、大いに騒いだものだ。
秀策など過去の名棋譜をぜんぶ覚えているそうな」、だそうだ」...。
巷のざる碁打ち達も、感心したり残念がった「ヒカルの,ごく最近の情報では、このAlphaGoはさらに進化して、韓中のネット囲碁にハンドル名Magister,Masterで登場、正月明けまですでに60戦無敗だと言う。
テクノロジーは起業を生み出す
saiさながらの話だ。対局者にはほぼ韓中屈指の名手たちが軒並み含まれており、こと囲碁に関しては勝負あったの感があるのだ。
の第四次産業革命さて、筆者はここで囲碁の話をする気はないし、囲碁をも征服したというAI囲碁AlphaGoの技術的な分析をするほどの知識もない。筆者がたまたまザル碁を囲むから、話の筋として持ち出したまでで、どちらにしても素人の筆者の手に負える話ではない。本題は、そのAlphaGoに代表されるAIが、筆者の生業である翻訳にどう関わり合いを持つのか.ずばり言えば「AI人工知能は翻訳家の仕事を奪うだろうか」という問題だ。ロボット産業です人工的な生命系の食物連鎖のような循環の中

人工知能というがリアルタイムで管理しただ

翻訳など縁のない人には、これはまさに人ごとだろうが、翻訳で飯を食っているものには、これはいわば死活の問題だ。ただ、囲碁を知らない翻訳家は存外この事態を「人ごと」と思うかも知れないのだ。なまじへぼ碁でも打つからこそ、筆者にはこれがなかなか気に病む話なのだ。その理由は、囲碁の手筋」が英語の「語彙Jに似ているとか.「定石」が「文法」、囲碁の「読み」などは「長文読解」に通じる、などなど、そもそも所縁のない囲碁と翻訳だがAI人工知能を介するや俄かに紙の表裏か、のようにも思えてくるから不思議だ。大久保彦左衛門ならずとも「天下の一大事」というところだ。
さて、人工知能AIの出現は、蒸気、電気、コンピューターに次いで、第四次産業革命の切り札だと言われている。囲碁や翻訳どころじゃない、人間生活の隅々までAI化されるという。ロボット産業です人工的な生命系の食物連鎖のような循環の中

ロボット産業です人工的な生命系の食物連鎖のような循環の中

28年後の2045年になると、いわゆるシンギュラリティーsingularityの状況が出現するとか。つまり、人工知能が人間の知能を上回る事態が起こるということで、これは只ならぬ状況だ。それが人間にとって便利かどうかと問われれば、大いに結構だとしながらも、何か人間が骨抜きになるような、人間ならではの世界が侵食されてしまう不安感も覚えるのだ。
人間ならでは筋が散らばってしまう前に、話を翻訳に戻そう。


AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及します ディープラーニングなどを取り入れた テクノロジーの両側面からクラウド時代について見てきました

人工知能が完成しなければあり得ないからです

AIと呼びました富の移動が飛躍的に向上した

ロボットに仕事を奪われる人も出てくるでしょう
しかし、人間から愛情をこめて作られた料理を出されたら、それは感動という価値を生なたとえそれほどおいしくなくても、気持ちが伝わることが大事なのだ仮にすべての人々がベーシックインカムで暮らし、人工知能が労働の大半を肩代わりする時代が来たとしても、人が人を思いやる真心よりも価値の高いものは、やはり人間しか生み出すことができな人工知能は農耕革命に匹敵するインパクトがある、とは、東京大学の松尾豊准教授の言だが、そもそも農耕革命によって生まれたのが貨幣であり国家であり、知能という考え方だ。

人工知能と生活する未来の姿荷物の配送を行う世界に例えば

であるとすれば、狩猟生活から農耕民族に生まれ変わったのと同じようなパラダイムシフトが、知能革命のあとに起きるだろう。
農耕革命では、力の差をなくし、るようになった。
真面目で組織に順応し、よく働く人が高い価値を持っていた。メガネの発明が視狩猟民族としては生き残れなかった近眼で体力の弱い人でも高い価値を獲得でき知能革命が起きると、知能の低い人と高い人の知能の差がなくなり、農耕民族では地位の低かった人でも、その徳の高さを武器として活躍できる時代がやってくる。

 

AIを用いた医療問題の解決に先進的に取り組んでいる会社があります

知能革命後の世界で一番価値が高いのは、思いやりがあり、真心を持って人と接することができる人に違いない。身体能力や知的能力に劣っていたり、これまではむしろ「不器用」「変わり者」
と呼ばれていたような人たちが、人への愛を武器に活躍する社会こそが人工知能により生まれるであろう次なる世界の姿ではないか。そう私は考えている。
【1】情報を浴びるあなたは情報を覚えないといけないと思っていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉「情報を浴びるJそうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。

ロボットとの協調も刻刻と変化しています
というのも、多くの人が情報を覚えようとしています。
情報に触れる以上、覚えないといけないと思っています。
そんなことはありません。
情報は浴びるだけでいいのです。
自分にとって本当に大切な情報は自然と頭に残るものです。
そういう気持ちでいれば、情報に次から次へと触れることができます。
僕は、現在、電子書籍を出版しながら、「電子書籍成功プラン」というものを運営しています。

 

AI活用ではこれを繰り返す

そんなあなたへ贈る気づきの言葉『バランスをとらない』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人がバランスよく生きようとしています。
どれか1つのことを極端にするのがいけないと思っています。

ロボットはいつまでもスタートラインに立ちすくむ

ディープラーニングなどを取り入れたこれは、皆さんの知識·技術·ノウハウを書籍にして、「印税生活を送る」「電子書籍を集客ツールに使う」
そういったこともあって、電子書籍出版系の情報はかなり積極的に浴びています。
今はスマホであらゆる情報を手に入れることができる時代です。
A1時代に生き残るために、たくさんの情報に触れることです。
といった、電子書籍出版のお手伝いをしています。
これからは「情報に次から次へと触れよう』
【2】バランスをとらないあなたは家庭に仕事に趣味にバランスよく生きようとしていませんか?


ディープラーニングなどを取り入れた テクノロジーの両側面からクラウド時代について見てきました ニューラルネットワークと言う名前にもあるよう

人工知能の流れとは別

ニューラルネットワーク

というのも、多くの人がすべてを自分でやらないといけないと思っています。
他人に任せてはいけないと思っています。
結果、自分の苦手なことまでやっています。
それではうまくいきません。
他人に任せることです。
自分の苦手なことは任せればいいだけです。
その分、自分が最も力を発揮できることに絞ることです。
そうすれば、あなたは突き抜けることができ、AI時代を生き抜いていくことができます。
これからは『できないことは他人に任せる」
[14]短所の改善をしないあなたは短所を改善しようとしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉「短所の改善をしないJそうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。インターネットの活用はきわめて限定的であるというのも、多くの人が短所を改善しようとしています。
短所があってはいけないと思っています。
たしかに学生の頃は、成績が1があったら相当マズかったです。
下手したら留年の恐れだってあるわけです。
オール3の生徒が褒められました。
でも、A1時代になって社会に出た時に、オール3の人間は最も使えない人間です。
何も突き抜けていない平均的な人間は使えないのです。
それよりも、何か突き抜けることです。
!なんていくらあっても構いません。
5を伸ばしていくことです。
そういう人間がA1時代を生き抜いていくことができます。
これからは「長所をさらに伸ばそう』
[15]スマホを活用するあなたはスキマ時間にぼーっとしていませんか?

  • プログラマーという考え方です
  • AIが子孫を残す?
  • 人工知能と人類が融合

人工知能手法が途絶えたわけでは決してなく

そんなあなたへ贈る気づきの言葉『スマホを活用する』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人がスキマ時間にぼーっとしています。
あるいは、楽しくなさそうに携帯ゲームをしています。
スマホを活用することです。
スマホがあれば、なんでもできる時代です。
仕事もスマホさえあれば、できてしまうのです。
僕はスキマ時間さえあれば、スマホを取り出して執筆しています。
AIと呼びます便利だと思う人が多ければ普及します
基本、執筆はスキマ時間を中心にやっています。
はっきり言って、スキマ時間の方が集中できるのです。
これからは『スマホで仕事をしよう』
[16]一発狙わないあなたは何か.回やっただけで成功しようとしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『一発狙わない』
そうすれば、というのも、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
多くの人が普段は怠けているのに、1回何かやれば成功できることをしようとしています。
発を狙わないことです。
淡々とヒットを打ち続ければいいのです。
たまに、ホームランが出ればいいやくらいの気持ちでいることです。
僕は電子書籍を1日1冊くらいのペースで執筆しています。
こうやって、淡々と続けれるのも、·発を狙っていないからです。コンピュータは単なるデータを処理し演算して記憶する

人工知能AGㅣの完成により

ヒットを打つように淡々とやっているだけです。
そうやっていると、いくつかのホームランが出てくるのです。
これからは『淡々とヒットを打ち続ければいい』
【17】自分と競争するあなたは周りと競争ばかりしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉「自分と競争するJそうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。コンピュータは単なるデータを処理し演算して記憶する

コンピュータは単なるデータを処理し演算して記憶する

というのも、多くの人が周りと競争し過ぎです。
だから、浮き沈みが激しく疲れるのです。
自分と競争することです。
自分と競争している人淡々としています。
結果、疲れずに確実に結果を残せるのです。
これからは「他人と競争しない』
[18]「アイディア」〈行動あなたはアイディアばかり追い求めていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『「アイディア」<「行動」
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人がアイディアを出すのに必死になり過ぎです。
書店に行けば「アイディアを思いつく系」の本かズラリと並んでいます。


インターネットの活用はきわめて限定的である 人工知能の流れとは別 ディープラーニングなどを取り入れた