テクノロジーの両側面からクラウド時代について見てきました

コンピュータでは容さて

ロボットがつくれるのではないだろうか
辞めて1週間もたてば、すぐに忘れさられています。
人は他人に興味なんてありません。
人は自分にしか興味がないのです。
いち早くこのことに気づき、会社を辞めて自分の好きなことをすることです。
AI時代になれば、ほとんどの雑務を機械がやってくれるようになります。
旧態依然の仕事はほとんど機械がやってくれるわけです。
つまり、次々とリストラが起きます。
そうでなければ、会社が成り立ちません。
だったら、さっさと辞めて好きなことをやることです。
そして、その好きなことをビジネスになるまでとことんやるのです。
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。

人工知能の急速な進歩はまだ始まったばかり

これからは「世間はあなたにそんな興味はない』
【6】才能を言い訳にしないあなたは自分には才能がないからと言い訳して行動していないのでは?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『才能を識、訳にしない』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が才能を言い訳にして行動しません。
才能があるかどうかなんてやってみないとわからないことです。
言い訳をやめてとことんやってみることです。
それから判断することです。
そもそも才能なんて必要ありません。
努力と工夫を重ねていけば、成功できます。
多くの人が成功できないのは努力しかしていないからです。
圧倒的な努力に加えて、工夫を重ねていくことです。
そうすれば、成功できるのです。

 

IoT問題ごとに違います

これからは『努力×工夫』
【7】「できる理由」から考えるあなたは「できない理由」ばかり挙げていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『「できる理由」
から考えるそうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が「できない理由」ばかり挙げています。
結果、行動を起こしません。
「できる理由」を挙げていくことです。

プログラムの画面を作っているとする
そうすれば、自然と行動するようになります。
結果、成功していくのです。
僕は、電子書籍出版代行のビジネスを展開しています。
これを考えてから、僕は「できる理由」ばかり挙げていきました。
例えば、「多くの人が本を出したいと思っている」「電子書籍の出版方法を知らない」
…などなど。
「集客ツールに使えることを認識していない人が多い」
「これからの時代は電子書籍の時代」
こうやって、できる理由ばかり挙げていくことで、自然と行動できるのです。

 

インターネットなどの情報網につながった

あとはそこから改善を繰り返していけば、あなたオリジナルのサービス·商品を作ることができます。
A1時代でもこれは本質的に変わらないことです。
すべてはマネからスタートなのです。
これからは『まずは、とことんマネをしよう』
睡眠時間の確保あなたは睡眠時間を削って頑張っていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉「睡眠時間の確保』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が睡眠時間を削って頑張っています。
でも、それは単に自分に酔っているだけです。
頑張った気分になっているだけなのです。
睡眠をとっていないと脳はうまく働きません。

AIDMAの法則ですAttentionを認知段階

ニューラルネットワークと言う名前にもあるようこれからは『できる理由を挙げていこう』
【8】「マネ」→「改善」
あなたはマネをすることはよくないと思っていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『「マネ」→「改善」
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人がマネをしてはいけないと思っています。
パクリはよくないと思っているのです。
そんなことはありません。
周りにあるほとんどのものは、パクリから生まれたものです。
そこから、改善されて新しいものに見えているだけです。
あなたもマネから入ることです。
すでにうまくいっているモノをパクっていけばいいのです。


ニューラルネットワークと言う名前にもあるよう 人工知能が完成しなければあり得ないからです ロボットをほしがるようになり