ロボットをほしがるようになり

ロボットが支給されるあるいは補助金

結果、生産性が非常に低い状態です。
しっかりと睡眠をとることです。
これからはA1時代に突入していきます。
すると、ほとんどの雑務をやる必要がなくなり、自分のやりたいことだけをやる時代になります。
とことん生産性よくやるためにも、しっかりと睡眠時間を確保することです。
これからは「睡眠をしっかり取ろう』
[10]つまらない人は仕事がなくなるあなたは会社から渡される仕事をただ黙々とこなしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『つまらない人は仕事がなくなるこれに気づきば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。ロボットをほしがるようになりというのも、多くの人がただ作業をしています。
会社から渡される仕事をただ黙々とこなしているのです。
しかし、A1時代に突入すると、そういった仕事はすべてコンピュータがやってくれます。
ただ渡された仕事を何も考えずに仕事をしている人は、A1時代を生き抜くことができません。
自ら仕事を生み出すことです。
そのためには、会社を辞めてしまうことです。
そして、ネットを使って自らの手でお金を稼げるようになればいいのです。
そうやって、自らでお金を稼げるようになれば、A1時代に入っても生き残ることができます。

  • IoTの本格的な普及の前に
  • AIの正しいあり方ではないかという意見もあります
  • プログラムに敬意を表しています

コンピューターの集積回路として実現した

これからは『自らでお金を稼げるようになろう』
[11]「努力」
「工夫」
×あなたは努力さえすれば、A1時代を生き残れると思っていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『「努力」
「工夫」
×そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。
というのも、多くの人が努力すれば成功できると思っています。
学校教育でそう洗脳されてきたのです。
たしかに、学校教育のテストに関して言えば、それは当てはまるかもしれません。
しかし、ビジネスになるとそんなことはありません。
努力だけでは成功することができません。
人工知能が得た技術の一つに過ぎません
工夫をすることです努力に加えて工夫をしていくのです。
思考を停止させないことです。
常に何か他に良い方法はないのかと試行錯誤を繰り返すことです。
そうやって、工夫を重ねることで成功できるのです。
成功には圧倒的な努力と繰り返しの工夫が必要なのです。
A1時代は特にそんな時代です。
あなたがどんなに努力をして積み上げたものをA1が努力だけでは成功できません。
思考を停止させず「工夫」をすることです。
,瞬でこなす時代です。
これからは「思考を停止させない』
[12]仕事はすべて「娯楽」
あなたは仕事は我慢してやるものだと思っていませんか?AIならその仕事をこなすことができるか考える

IoT今のもう一つ画期的な点

そんなあなたへ贈る気づきの言葉『仕事はすべて「娯楽」
これに気づきば、あなたはA1時代を生き抜くことができますというのも、多くの人が仕事は我慢だと思っています。
我慢の対価としてお金をもらえると思っているのです。
お金はもらうものではありません。
稼いでいくものです。
この発想さえ持てれば、仕事は楽しいものに変わっていきます。
そのために、会社なんて辞めてしまうことです。
会社に勤めていると、どうしても我慢の対価にお金をもらうことになってしまいます。AIならその仕事をこなすことができるか考える

AIならその仕事をこなすことができるか考える

会社を辞めて、ネットを使って、自らの手で稼ぐことです。
そうすれば、仕事は楽しいのです。
自らお金を稼げるようになれば、A1時代を生き抜くことができます。
A1時代はお金をもらう時代ではありません。
お金を稼ぐ時代に突入していっているのです。
これからは『お金をもらうのではなくて稼ごう』
[13]自分にできないことをやらないあなたはすべてを自分でやろうとしていませんか?
そんなあなたへ贈る気づきの言葉『自分にできないことをやらない』
そうすれば、あなたはA1時代を生き抜くことができます。


ロボットをほしがるようになり インターネットが存在する以前 インターネットが存在する以前